音楽の先生がハデ子だった話

小学校1〜2年生と5〜6年生のとき
音楽は得意な授業だった。
先生が好きだったからだと思う。

譜面はどうしても読めないけれど、
唄うことが楽しかったし、
歌を覚えるのも好きだった。
合唱発表会も思い出に残っている。








でも、中学時代の音楽の先生は、
あんまり好きになれなかった。
だから、
音楽の授業も好きじゃなくなった。




なんでかっていうと、
お年頃の中学生の生徒に対して
その言い方はないでしょ
って話なんだけど。



音楽の先生は耳もいい。
誰が唄っていて、
この声が誰かもよくわかるらしい。



合唱のあと、こう言ったの。




「◯◯(私の苗字)は、体型の割に
声がか細いのね」って。




はぁぁ?





なに言っちゃってんの?
音楽の授業ですよね?




私の声が高くてかわいいって
素直に認めろやバーカ!ww




確かに、中学生の時は、
身長156センチ
体重75キロ
で、健康診断でいうと
肥満気味ではあったけれど。




体型、関係なくない?




わざわざ言うことでもなくない?





名指しも腹たつし。





クラスのバカどもは
それ聞いて変な空気になったり
クスクス笑ってるし。
それはまだいい。
むしろ、どうでもいい。




ただ、展開がそうなるって
わかってて
あえて言う感じとか
マジ無理ハデ子先生。




セクハラbbaめ。



声が小さいから
もっと声を出してなら
恥ずかしいけどまだマシだ。
でもまぁ、いじめられっ子だから
何かで目立ったら男子にいじられる。
声出すと男子がこっちを指さして
コソコソなんか笑ってるのが見える。
だから、
声なんか張るわけないじゃん(笑)
がマジレスでしたけどね。




もっとこうすると声が出るとか
前向きなアドバイスなら、まだ
当時の私にはできなかったとしても
「あのとき先生が言ってたことって
こういうことだったのか」って
いまの私だったら
受け入れる余地もあっただろう。




ただの公開処刑でやんの。





才能の芽を摘みましたね。





残念。






いまだったら、ネタにできる。
ロックやヒップホップも聴くけれど
見た目の割に、
バラード声でRAPもヘタクソですが
何か?



ってな具合にね。




譜面は読めないけれど、
歌は好き。
耳で聴いて、ひたすら刻み込む。
で、唄ってみる。
私はそれがいいや。




悪気なかったんだろうなー、先生。
でも、そういうとこ。

愛のだいじょうぶし

いい事だけがハッピー? 頑張ったから報われる? そんなブログを書いています

1コメント

  • 1000 / 1000

  • 美樹生

    2017.09.25 20:05

    完コピの人って尊敬しちゃいます🙇 それって 絶対音感があると言う事で中々真似なんて出来ない事だと思います。例えば 久保田利伸さんタイプとか… 尊敬しちゃいます❣️(^_-)