ありがとうSMAP

いまや国民的スターとなったSMAP。
そのルーツや軌跡は、
いろんなところで紹介されているので
省略します。
解散かぁー。





さみしいね。




でも、決めたことだからね。




私はシブトクつよく生きるよ。




私の好きな
SMAPのカワイイ曲ランキング!


2位  がんばりましょう

サビ部分のコーラスのオクターブが
想定外でビックリしたのが印象的。
初めて聴いたときは、
まだ小学生だったけど、
大人になっても、伝わるメッセージは同じ。

がんばれなくても、がんばりましょう
ムリはしないように、がんばりましょう

2ばんの歌詞がスキ。




3位  負けるなBaby!〜Never give up

SMAP最初期のシングル。4作め。
c/wはご存知「BEST FRIEND」
このCDはいいよ。
メンバー1人1人の
パーソナルメッセージがついてるの。
森くんは、鼻血が出る寸前まで聴いた(笑)。
明るい曲だけど、あきらめないで、
というメッセージが
ポジティブに活動する勇気をくれる。
あまり落ちこんだときは控えるけど、
大事なときに聴くと、
「失敗してもいいや、やるわ」と思える。




4位  泣きたい気持ち

SMAP全員が出演した映画
「シュート」の主題歌。
全員歌唱バージョンは
「Hey Hey おおきに毎度あり」の
c/wに収録されていて、
私はどちらかというと、
アルバム「SMAP 004」収録の
中居くんソロバージョンが好き。



思い出すのは、やっとTVで放映した
映画「シュート」を観ていたとき、
大事なシーンで元彼が突然、
ガチャガチャと片付けものを始めて、
心情も台詞も入ってこなくなって
それどころじゃなくなったこと。
あんなのメンタルDVじゃねぇか!
謝れ(笑)

取り乱しました(汗)




5位  笑顔のゲンキ

TVアニメ「姫ちゃんのリボン」
オープニングテーマ曲!
この歌に出てくる「君」のように
明るく、いつも笑顔でありたい、と
いまでも思っています。
たまにキレて、ときには泣いて、
だからこそ、笑顔でいられる。

「姫ちゃんのリボン」は多分、
りぼん史上いちばん好きだった作品。
(りぼん掲載のマンガを
全部読んだわけじゃないけど)






そして、1位は…ドラム音〜ダン!

1位 オリジナルスマイル

やっぱこれですね〜。
私の中では勝手に、
先ほどの「笑顔のゲンキ」の
アンサーソングだと思ってて、
主人公が少し成長して、
学生から大人になった、
そんなイメージ。


つらいこと、ムカつくこと、
いろいろあるから人間でしょ。
すぐはムリでも、そういうことを
「ハハハ」って笑いとばそう。
そんなふうに、少しずつ、
また笑顔を取り戻して、
社会に出ていく勇気がわく。

この曲も明るいだけど、
強いメッセージをもっている
と感じました。





笑顔でいられるとき、
笑顔になりたいとき、
何かあったとき、
自分の心に問いかけながら聴くのが
最近の私の聴き方です。





とまぁ、森くん推しだったため、
初期の楽曲でかためていますが。
5人になってからの曲だと、
「らいおんハート」が好きだなぁ。
あんなにもストレートな愛。
恋人、も含めた、もっと大きな愛。






元々、明るくてキャッチーな曲より
深く落ちていくような曲が好きで、
SMAPの曲は、わりとキャッチーだから
(といっても詞の世界の広さと深みが
大きいので、自分の好きに解釈する)
深く落ちきったあと、
また浮かび上がっていくときの、
ターボエンジンというか、
ジェットエンジンというか、
そういう動力になっています。




28年間、たいへん、
おつかれさまでございました。
SMAPを忘れません。
つっといて、これからも、
どうぞ、何卒、よろしくお願いします。

愛のだいじょうぶし

いい事だけがハッピー? 頑張ったから報われる? そんなブログを書いています

0コメント

  • 1000 / 1000